スタッフブログblog

ヒートショックの話

お客様サポート課の山岸です。


昨日の1月20日は、暦の上で最も寒い時期とされる「大寒」でした。

今年は暖冬小雪と言われていますが、まだまだ油断は禁物。


暖房している部屋から暖房していない部屋へ(例えばリビングからトイレ・脱衣室・浴室)移動した時の気温差でおきる「ヒートショック」。

お客様の認知度もそこそこありますが、それほど気にされていないお客様もいらっしゃいます。

気温差による「血圧変動」が、心筋梗塞や脳梗塞などにつながり最悪の場合、死に至る場合も。。。


では、ヒートショックにならない対策は。。。

部屋間の温度差をなくすことにつきます。

リビングだけでなく、トイレや脱衣室にも暖房器具を置いて暖めましょう!

気を付けなければいけないのは、その部屋へ行くまでの道中(廊下など)も暖めることです。

理想は、家全体を暖房する事。家中の温度差をなくして欲しい。


近年の省エネ・節電対策に反するかも知れませんが、真冬の一時のこと。

「暖房費」を節約するあまり、病気になり「医療費」にお金を使う事を考えればどちらが良いですか?。

過度な省エネ・節電対策は、やめましょう。


ホーメックスの家は、高気密高断熱です。一度、暖めた空気は冷めにくい仕様。

健康住宅の良い家を上手に住みましょう!

 


※※※ 現在、全棟点検実施中! ※※※
ホーメックスは、30年間の無料点検をしています。
お住まいのアフターメンテナンスもお任せください。