スタッフブログblog

特殊詐欺対策

お客様サポート課の山岸です。
 
連日のように報道・注意喚起されている「特殊詐欺」いわゆる「オレオレ詐欺」。
 
様々な手口でだまそうとする手段の多くの入口は、「固定電話」です。
日中、家にいる機会の多い高齢者を狙った詐欺に有効な対策を考えてみました。
 
①電話を無くしてしまう方法
一番簡単ですが、昔から使っていた連絡手段が無くなるとかなり不便です。

②電話線を抜いておき発信の時だけ、線をつなぐ方法
本当に要件がある人から全くつながらない。
 
③携帯電話に変える方法
高齢者に携帯を使えは・・・ほぼ無理な話し。

④詐欺対策機能の付いた電話機に交換する方法
新しい電話機の使い方をまた覚えないといけない。

⑤いつも留守番電話にしておく方法
なかなか良い方法ですが、気軽に電話しづらくなるかな?
 

それで、最終的に高齢者に最適と思われる方法は。。。。これです。

P1180566

 

 

 

 

 

 

通話録音装置

 
電話を掛けてきた相手に警告メッセージを流します。
通話状態になる前に「振り込め詐欺などの犯罪被害防止のため、会話内容が自動録音されます」という音声が流れます。
 
詐欺の犯人は、音声を録音されることを嫌がり、音声が流れた時点で切ってしまうので不審者からの電話のベル自体が鳴らない。これが良いです。
 
また、物忘れが始まった人や耳の遠い高齢者においては、後でも録音されている内容を確認できるし、不要なセールステレアポが無くなるメリットも。
 
被害に遭ってからでは遅すぎます。
「だまされないよ!」と言っている本人よりも周りの人が対策をとってあげてください。
 
悔しい思いをするのは、あなたかもしれない。