提案住宅で手づくりの楽しみを

子どもが成長するにつれて荷物も増えていき、アパート暮らしでは少し手狭に。いつかはマイホームを持ちたいと考えていたこともあり、始めるなら早い方が良いと家づくりを決意しました。 「柔らかな色合いの明るい家」をイメージして、選んだのはママンの家。優しい風合いの塗り壁の外観やかわいい内装、選べるインテリアも気に入りました。 玄関はデザインコンクリートを使って、手づくりで作ったような風合い。広々としたシューズクロークは両親や友だちにも「いいね」とほめられるポイントです。子どもが走り回れるリビングスペースは家族の憩いの場。無垢材の床が温かな雰囲気を与えてくれます。対面キッチンも子どもの様子を見ながら料理ができるから助かりますね。洗面台のタイルは夫の好きな青色を選択しました。一面だけですが、2階の部屋の壁を自分たちで塗りました。 鉄筋加工の仕事をしている夫は、ホーメックスさんにお願いして、基礎工事を手伝わせてもらっていました(笑)。提案住宅で、家づくりに家族で参加できたことが良い思い出です。

デザインも性能も妥協しないオシャレな家を

家づくりのテーマはシンプルモダンです。白と茶色の2色を基調に派手過ぎない空間を目指しました。 玄関へのアプローチ部分は家の顔。門柱やフェンスのデザイン、敷石の色までこだわりました。 アパート暮らしの時は、玄関が北向きで暗く収納も少なかったので、採光にこだわりながら間接照明やニッチを設け、シューズクロークも広く作りました。 リビングの天井はあえて梁(はり)を見せるデザインにしてもらったことで30センチほど天井が高くなり開放感が増しました。できるだけ仕切りのない空間にしたかったので併設するキッチンもオープンスタイルに、お掃除ロボットの使用も考えて段差のない空間づくりをしています。和室には洋風畳、収納の扉はクローゼットのような折れ戸にし、窓には縦型ブラインドを付けて和風モダンなテイストに仕上げてもらいました。 外に出入り口を設けた納戸はカーポートに併設しているので荷物の乗せ降ろしが楽ですし広々設計なので、車の替えタイヤから趣味の自転車、スノーボードなども収納できるので重宝します。 耐震や高気密・高断熱の住宅性能にも満足していますし、デザインも構造面も妥協することなく理想の家をつくりことができました。