立地が命!築45年住宅リフォーム

夫の転勤に伴って柏崎にやってきたのは14年前。年齢からして、おそらく柏崎が最後の勤務地。子どもが高校に進学するタイミングでもあったので、家族で腰を据えて暮らせる場所として、家を探し始めました。 予算を考えて中古物件を探すものの、リノベーション済みの物件だと、仕方のないことですが、自分たちの理想と異なる部分が目に付きます。 また、内容は素晴らしくても立地で思い悩むことも。できるだけ、家族とりわけ子どもの生活環境を変えないように、エリアを絞って物件探しをしていました。 そして見つけたのが現在のわが家。それまで暮らしていた場所から目と鼻の先の位置にありました。 「自分たちで見つけてきた物件だけど対応可能ですか」 快く応じてくれたのがホーメックスさん。地元密着の業者さん。 やはりリフォームとなると地元業社さんが安心。創業48年と実績もばっちり。親切な対応も良かったのでお願いすることにしました。 落ち着いた空間にするために色使いは、白・黒・茶色の三色。二間続く和室と廊下をつなげて開放的なリビングに、もう一つの和室はキッチンスペースに。 押し入れは大きな食品庫に変わりました。天井が低かったので高さを上げてもらったり、趣味のギャラリースペースを作ってもらったり、階段には鉄骨をアレンジした手すりを取り付けてもらったり・・。 途中、「リフォームではなく新築にしようとしていませんか」と言われるほど、細かく要望を聞いてもらえました(笑)。 もともと、アンティークが好きで、リビングには古い蔵の格子戸を利用して作ったテーブル、キッチンには漁具の“浮き球”を使った手づくり照明も取り付けました。どんな風にリノベーションしていくか。自分たちで考えながら進めることで、理想の住まいづくりができたと思っています。 転勤生活が長かった私たちですが、ようやくお気に入りの家族の居場所を手に入れることができ嬉しく思います。家が完成した時、子どもが「ここが私の故郷になるんだ」と言っていたのが印象的です。 最後に、経験者として、リフォーム済みの物件を購入するのも立地やリフォーム内容の納得がいけばリーズナブルで良い点もいっぱいあると思うんです。 でも今回中古住宅を購入してからリフォームをお願いしました。 打ち合わせ等大変な部分もありましたが、自分たちの思い描いた内容にできたり、工事中の過程が見えるので安心してお任せできました。(当初の予定にはなくても、工事中に補強を入れたり、思いのほか悪い部分を取り除いていただいたり。) 今後リフォームや、中古住宅の購入を検討されている方の参考になればうれしいです。